愛知・名古屋近郊でのフローリングキズ補修・建材補修サービス

フローリングのメンテナンス

私たちができることを写真でご紹介いたします。

1.家のキズ補修
2.フローリングのメンテナンス
3.その他こんな事もできます!

2.フローリングのメンテナンス

フローリング染み
植木鉢を置いていた所に水染みが出来てしまった例です。着色し、木目を詳細に描くことによって目立たなくすることができます。タイヤをフローリングにじかに置いたりしても跡が残ることがあります。お気軽にご相談ください。掲載ブログはこちら

フローリングしみ補修

フローリング焦げ
熱い物を置いた時に変色することがよくあります。変色を通り越して炭のようになってしまっても、形の復元・色の復元と、順序立てて作業することにより、きれいに直すことができます。掲載ブログはこちら

フローリング焦げ補修

フローリング穴
ガスのコンセントを移設した時の穴もきれいに直せます。リフォームなどでキッチンを移設した時の配管穴なども対応できます。掲載ブログはこちら

フローリング穴補修

フローリング剥がれ
合板のフローリングは表層に厚さ0.5ミリ未満の突板(木目の美しい木の薄い板)を張り付けています。椅子の下など、過酷に使用される場所ではこの突板が基板から剥がれてくることがあります。このような場合、接着剤を含浸させて剥がれを止めた上で、形・色を復元させて再生させることができます。

フローリング剥がれ補修2

フローリング劣化
窓際のフローリングは日差しや風雨に晒され、表面の塗装が劣化してひび割れてきたり、剥がれてきたりしやすい場所です。掲載ブログはこちら

フローリング劣化補修

リフォーム跡の補修
リフォーム工事で壁の位置を変更したために、元の壁の位置に跡が残っていたり、穴が出てきたりしてもきれいに補修できます。

フローリングリフォーム跡

 

ブログ「よみがえりの技(わざ)」

リペアマスターの社員による作業例を紹介したブログ「よみがえりの技」をご覧ください。

 

ご注意

  • 「補修」は表面の形状・色・つや等を再現して美観を回復する作業です。物自体を新品に交換する作業ではありません。
  • 部材の中身まで腐食や劣化している場合に対しては限定的な対処しかできない場合があります。
  • 「補修」は美術的・芸術的価値を回復させる作業ではありません。
  • 補修部分の強度は、日常の使用に十分耐え得るものですが、元々の状態と同じではありません。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 株式会社リペアマスター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.